バックナンバー

自分なりのビジネスを始めるなら

起業者増えるビジネス市場

重要なビジネスのスタート

生涯雇用もなくなり不安定な状態が続く雇用の現場では従業員でいることを辞めて自分なりのビジネスを始める人も増えています。その際、本やネットでの情報を参考にどのように起業するのかを検討するのではないでしょうか。起業するからには利益をあげなければなりませんし存続させる必要もありますが、ビジネスを始める際にはスタートがかなり重要と言えます。というのも、起業の際にはどのような内容の事業を展開するのかや店舗を構えるのか、マンションの一室を借りるのかなどを決めなければなりません。様々なビジネスの情報を参考にしてもここで間違ったスタートを切ってしまうと利益率に大きく影響します。例えばマッサージなど何らかのサービスを提供する事業を展開しようとする時、店舗を構えれば当然家賃が発生しますしお客さんもその地域に限定されやすくなります。ところが同じことを出張型のサービスに切り替えた場合、家賃が発生することはありませんし店舗の内装やメンテナンスなども必要ありませんし、光熱費・水道代がかかることもありませんので利益率は高くなります。その一方で、やはり店舗を構えた方がスケールの大きい事業を展開することができます。こうした比較なども参考にしながら自分のビジネスを考えてみると良いのではないでしょうか。

↑PAGE TOP